やる気でない日記

浪人生です。本当にやる気が出ないし勉強もできないので呪詛を吐き出します。

英語の勉強しなきゃってずっと言ってる

 更新するのを忘れていました、TKです。

 さてお久しぶりです。私も大学生になってから二か月近くたちますが、これといって何もない日常を過ごしております。

 

 そうはいってもまだ一年の初めですからね……言っちゃあなんですがクソみたいな講義が多いです。Fランだからという可能性もある。

 しっかり受けたいと思ったものは三つしかないですし、二つある英語はどちらもクッソ非効率的なものなので行く気にもなりません。入学した以上学校の決まりに従うことになるのは当然ですが、さっそく適度にサボることを決意しました。

 とにかく英語はひどい……。

 

 一つ目は舐めてるのかとしか言いようがない中学生もびっくりの教材を使った、話すことを中心とした授業、まあこちらは理にかなってはいるんです。中学英語を突き詰めるだけでもかなり英語力が上がるなんてのは有名な話ですからね。ただ、めちゃめちゃスローペースなんですよね……。ただのスローペースじゃないんですよマジで。90分で1Unitでもクソなげえなって思うほど少しの量なのに、ここでは二コマ、180分使ってやるんです。控えめに言って死んでください。

 

 二つ目はペーパーテスト向けな授業。最初のテストの出来栄えで四つのクラスに分けられてからの授業になりますが、上二つのクラスは高校英語っぽい何か、下二つは中学英語的な何からしいのです。

 運よく(?)一番成績のいいクラスにぶち込まれたのですが、これだけなら別に高校までの受験英語ですよね~とか思ったらうんちでした。おそらく高2? くらいの内容でかつ、こちらも一つのunitにクッソ時間をかけるタイプ。

 教科書は良さげでいろんな話題の文章を読ませるよくあるものだったんですが、授業内容が絶望的でした。

 まず予習をしてくること、まあこれは別にいいです。しかしその内容が問題でした。文法の設問とか、内容確認の穴埋めをやってこい。これだけならわかるのですが、予習させる大きな目的が、「日本語訳を書いてきてそれぞれが授業中に黒板に書いていく」ことだったのです。

 別に悪い方法じゃないのはわかっています。ですがこれ、非常に勉強として効率悪いんですよね……。やらないよりは百倍マシでしょうが、わざわざ時間かけてやるようなことじゃないんですよ……。

 一応長文の練習ならば、音読と和訳はやってしかるべきではあるんでしょう。ただ日本語訳を書くことは個人的にお勧めできません。

 

 

 私は英語嫌い過ぎてまともに勉強したことはありませんが、これだけは言えます。

 テストを前提とした授業で日本語訳を書かせると十中八九、我々は英文と訳をセットで覚えます。これの何がいけないって、確かにこれを繰り返していけば力はつきますし多くの問題に対処できるようになるとは思います。ですがこれはいわば頭の中に「例文」を増やす作業になってしまうんです。

 結局のところ、多くの例文を頭に詰め込んでいけば英語は使えるようになるかもしれませんね。ですが、おそらく皆さんも文法書などでこの作業をしていますよね?そう、せっかくの長文が、ともすればこなれた文章があるのにそれを瞬間的に読み取るような練習をしないのは勿体ないわけですよ。

 同じテストを受けて結果はほとんど差が出ないにしても、長文を読んで、読みながら理解できるように練習をした人と、テストのために覚えゲーをした人とではその過程は全く異なるものになるでしょう。

 まあ普通の受験生とかなら過去問や対策問題などで多読なんていつの間にか勝手にやってます。

 ですがここはFラン大学……受験勉強の経験なんてないに等しい魔境……。

 正直な話、中学英語レベルでいいからこういうペーパーテスト用の講義ではなく、音読や瞬間的に英訳、和訳をする練習などをさせてくれたらいいなぁって思いますね。そうすれば今から英語を始めようと思ってる私みたいな人にも、中学英語を一分も理解してないままFランに来た兄貴たちもみんな基礎固めできてハッピー。

 

 

 私が高校の英語あんまりできないのも、中学英語がそもそも習熟してないからだってつくづく思います。

 皆さんの中にも結構な割合でいるんじゃないでしょうか?とっさに簡単な英語が口から出てこない人、簡単な英語なのにうまく聞き取れない人。私もまさしくそのタイプです。

 これらの原因はまさに中学英語すら習熟していない、それがすべてなんです。

 中学で習うような基本の例文を頭に刷り込みまくっていれば、あとはボキャビルするだけで結構喋れるはずなんですよ。それだけの分量が中学校三年間に詰まってるんです。

 ですが私を含めた多くの人は音読を疎かにしたり、そこまで難易度は高くないからと言ってテスト前だけ勉強していい点とって満足してたり、はたまたなまじ点数が取れるから例文も刷り込まない。

 いやマジで英語を初めて勉強させるときに説明してくれてもいいんじゃないんですかね……。どんな目的でどの練習をするのかなんて、部活の時は説明してくれてたじゃないですか先生方......。勉強についての方がそういうの大事でしょどう考えても……。

 いろんな本読んだり、いろんなサイトを読み漁って、英語についてはこんな風な認識を持っているのですが、若かったあの頃にすべて説明してほしかった。

 

 

 音読、文法と例文の刷り込み、語彙を増やすこと。基本的にはこれらをコツコツやっていくのが効率がいいと思います。

 英語は言語ですから、声に出すことは非常に重要だというのは言うまでもないでしょう。声に出せれば聞き取れますし、英語特有の息遣い的なものがつかめてくるでしょう。それに発音を気にしていけばどんどん読み方がわかるようになりますからね。

 文法と例文の刷り込み、これらは我々の世代が英語を学習し始める年齢的に「英語を英語で理解する能力」をつけることが非常に難しいため、英語から日本語、日本語から英語に訳す速度を上げるのに必要になります。

 語彙を増やすのはまあ言いたいことがより細かく言えるようになりますねはい。

 

 

 大学の講義の愚痴から英語の勉強の仕方を書き殴りましたが、書いたところで大学は講義内容を変えてくれません。自力でやるしかない……。そしてどんなに独学で勉強してたとしても単位は出席しないと取得できないといううんち。

 こんなんでモチベ保てとか大学ってクソゲーだわ……。専門科目にしか希望はない……。